純金は?東京の質屋と地方では査定額が違いますか?

東京の質屋の今が知りたい!

東京と地方の質屋では査定額に違いがあるの?いま質屋はネットワーク化がすすみ相場があるものに査定額の格差はなくなってきています。

東京の質屋の今が知りたい!のメイン画像

純金は?東京の質屋と地方では査定額が違いますか?

質屋はいま、東京を中心に地方都市とのネットワーク化がとくにすすんでいます。

そのため純金など相場のあるものは査定額も同一水準。

安心はより大きくなっています。

■純金はどこの質屋でも査定額はほぼ同じ。

物事のすべては需要と供給のバランスで価値が決まります。

したがって貴金属や時計など、どこへ持っていっても評価の変わらないものについては査定もほぼ同じです。

質屋も日本国内でのネットワーク化がすすんでいますので、持ち込まれる品物の情報は共有化されています。

たとえば東京のある質屋が福岡や仙台に系列の質店を出していたら、東京でも福岡・仙台でもほぼ同じ値で買い取ります。

■個性の強い地方色のあるもの以外は大丈夫。

買い取った品物はもっとも売れるエリアに空輸されるので、買い取る側としては、一定の利幅さえ確保できれば客が喜ぶ高値水準で買い取ることが良くあります。

純金などは良い例です。

ただしそれは相場のある品々のことで、個性の強いもの、地方独特のもの、需要のないものは別です。

■「純金の製品はどこに持っていけば高く売れるか」と聞いてくる人がいますが、金は一定以上の純度があれば評価は安定しています。

純金のように相場が決まっているので、その日のレートで買い取りができるものなら、東京でもどこの質屋でも査定額はほぼ同じ。

製品自体にアンティークとしての価値のあるものなら、交渉も可能です。

東京でも地方でも金相場はオープンなもので、ネゴシエーションの好きな人には物足りないかもしれません。

◇交渉する場合は、こちらの記事をご参考ください:苦手な人は損してる! 知っておきたいネゴシエーションのコツとは

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント